2017年3月13日月曜日

FirefoxからChromiumへブラウザを移行してください!

Firefox52から、ALSA(Linuxの音出しドライバ)へのサポートを中止したため、tuneinやshoutcastが再生できない事象が報告されています。

既知の解決策としては、ブラウザをFirefoxからChromiumに移行する方法があります。具体的には、Chromiumをインストールし、設定マネージャーでお気に入りのアプリケーションをChromiumに変更すれば、tuneinもshoutcastも問題なく動作すると思います。

この問題については新たな情報が判明次第、お伝えしていきたいと思います。

2017年1月3日火曜日

PCオーディオ版旧版へのデスクトップテーマの導入

Ubuntu Studio PCオーディオ版の旧版(2016年5月公開分)では、ウインドウテーマ 「XubuntuStudio」が、ダウンロード元URLの変更が原因で、デスクトップに反映されていませんでした。昨年夏にこの問題に気づいたものの、その後、まとまった時間が取れず、修正が遅れてしまい、心よりお詫び申し上げます。

旧版で「XubuntuStudio」をご希望の方は、以下の手順で反映できると思います。
まず、こちらから「XubuntuStudioDownload.sh」をダウンロードして、「ダウンロード」フォルダに保管してください。
次にファイルマネージャーで「ダウンロード」フォルダーを開き、「XubuntuStudioDownload.sh」を右クリック⇒「送る」⇒「デスクトップ(リンクを作成)」を選択。

デスクトップに生成された「XubuntuStudioDownload.sh」のリンクをダブルクリックし、ユーザーパスワードを入力すれば、パソコンにウインドウテーマが保存されます。
最後に「設定マネージャー」の「ウインドウマネージャー」でXubuntuStudioを選択すれば、デスクトップに反映します。
(XubuntuStudioDownload.shとそのリンクは、使い終わったら削除して構いません)

Ubuntuでは、デスクトップテーマ、ウインドウテーマ、アイコンテーマを新たに導入する場合、端末でLinuxのコマンドを入力する必要があります。いくら何でも、それでは初心者に冷たいのではないかしら…
Linuxを知らない方にもPCオーディオ版に親しんでもらおうと思い、今回はXubuntuStudioデスクトップ導入専用のシェルスクリプトを作成してみましたが、より汎用性の高い方法を探してみたいと思います。

PCオーディオ版の一部修正について

あけましておめでとうございます。
お正月休みを利用して、こちらの通り、昨年5月に公開したUbuntu Studio PCオーディオ版を一部修正しました。
修正点は以下の通りですが、音質に関係ないものばかりなので、既にお使い頂いている場合は、修正版をインストールする必要はありません
・Chromiumブラウザーの追加
・Adobe Flashplugin InstallerをAdobe Flashpluginに置き換え
・Synaptic パッケージマネージャーの追加
・デスクトップテーマ XubuntuStudioの反映

2016年11月5日土曜日

Chromeで音を出して聞いてみよう!

ご無沙汰しております。
最近、Ubuntu StuidioのPCオーディオ版にUbuntu版Chrome「Chromium」をインストールしてインターネットラジオを聞いています。今日は、その手順をご紹介します。

まず、メニュー⇒「システム」⇒「ソフトウエア」をクリック。

「Chromium」で検索し、「Chromium ウェブ・ブラウザー」をインストール。

ソフトをインストールする際は、認証のパスワードを求められます。

これで、インターネットラジオとYouTubeは視聴することができますが、ヤフーのニュース映像等を見たい場合は、右上の縦3点⇒設定をクリック。

続いて「拡張機能」⇒「Chromeウェブストアを閲覧」をクリック。

「user agent switcher」で検索し、「User-Agent Switcher for Chrome」をCHROMEに追加。

すると右上に仮面のマークが出現するので、そこをクリックしてiOS⇒iPadあたりの設定にすれば、ニュース映像も再生されるようになります。


このUser Agent Switcherは、Chromeが他のブラウザーに仮装するような役目をしてくれるので、映像以外でも例えばIEでないと閲覧できないサイトを見るときにも使えて結構便利です。

みなさんは、FirefoxとChromiumのどちらの音が好きですか?

2016年7月31日日曜日

Ubuntu Studio PCオーディオ版 14.04から16.04へのアップグレード

Ubuntu Studio14.04のPCオーディオ版を16.04にアップグレードしてみましたが、とりあえず問題なくアップグレードできるようです。

以下、その手順をご紹介させて頂きます。なお、これはこのブログで紹介している「PCオーディオ版」のアップグレード手順で、一般のUbuntu Studioのアップグレードとは対応が異なりますので、注意してください。

まず、こんな画面になるので、「アップグレード」をクリック

パスワードを入力しましょう

再び「アップグレード」をクリック

「アップグレード開始」をクリック

Jackdについての質問は、ボックスにチェック

ttf-mscorefontsについての質問は、ボックスにチェック

/etc/pulse/client.confについての質問は、「そのまま」をクリック
※ここで置き換えてしまうと、音質が悪化するので注意してください。

パッケージを削除するかしないかの質問は、「そのまま」をクリック
※削除してしまうと、PCオーディオとして使用することができなくなってしまいますので、注意してください。

第7回すみだストリートジャズフェスティバルの準備で最近時間が取れず、手順のご案内が遅れ申し訳ありません。尚、今年もすみだジャズの押上天祖神社ステージで、演奏の合間にPCオーディオ版のデモを行います。お楽しみに!

2016年5月30日月曜日

Ubuntu Studio 16.04を使ってみた感想(続編)

16.04を使ってみて驚いたのは、Thunderbird(メーラー)とLibreOffice(ワード・エクセル)がデフォルトでインストールされることです。14.04ではこれらを自分でインストールする必要がありました。

もともとUbuntu Studioは、音楽・映像編集用のOSなのですが、16.04にこのような事務用パソコンとしてのソフトが装備されているのは、ちょっと不思議です。

もちろん、16.04のPCオーディオ版にも、 これらのソフトがデフォルトでインストールされています。音楽を聴きながら、メールのやりとりや、ちょっとした仕事もできるというわけです。

Ubuntu Studio 16.04のPCオーディオ版はこちらにあります。

2016年5月4日水曜日

Ubuntu Studio 16.04を使ってみた感想

Ubuntu Studio 16.04がリリースされたのが4月21日。早速14.04をアップグレードしようと思ったのですが、アップグレードは3ヶ月先のポイントリリースまで待てとのこと。どうせゴールデンウイークはヒマだし、3ヶ月も待てないし、とりあえずデモ機の14.04を16.04に置き換えることにしました。既存の音楽データを失わずにアップグレードができることが判明したので、PCオーディオ版の開発を行うメイン機も14.04から16.04にアップグレード。4月30日にUbuntu 日本語 Remixが公開されたこともあり、16.04のPCオーディオ版をゴールデンウイーク中に公開することができました。

とはいえ、14.04と16.04は勝手が違い、例えば、14.04では標準だったプレーヤーAudaciousが16.04のDVDイメージには含まれず、デフォルトは動画プレーヤーのParoleになっていました。一方、12.04のDVDイメージに含まれていたAqualungは、もはやUbuntu16.04のレポジトリからはインストールできなくなっていて、隔世の感があります。

また、CD、DVDの作成ソフトはBraseroからXfburnに変更。メイン機でXfburnでDVDイメージを焼こうとするとエラーが出てしまったのも悩ましいところでした。

音量調節もxfce4-mixerが使えなくなっていて、QasMixerがどうやら16.04の標準のようです。

細かいところではデスクトップのメニューがWhisker Menuに変更されていました。

Xubuntu-restricted-extrasに含まれるttf-mscorefonts-installerをシェルスクリプトで自動インストールすることができないことが判明し、悩んだ挙句、ttf-mscorefonts-installerをPCオーディオ版のインストール対象から除外することにしました。

とはいえ、 16.04はリリース直後にもかかわらず目立ったバグも検出されず、開発者の方々に感謝する次第であります。

Ubuntu Studio 16.04のPCオーディオ版はこちらです。